インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメ

インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、各パーツがどのように繋がっているかによって、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているものが1ピースタイプです。
他に、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。
2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれます。
この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。
せっかくインプラント治療を行ったのに、それから口の臭いが気になるようになったケースが一部で見られます。
これはなぜでしょうか。一つには、歯茎の合間に食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。より深刻な事態を食い止めるためにも、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。
歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。アフターケアが寿命を決定します。毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールを継続した上でインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが必須条件です。どんな堅牢なインプラントでも、普段のケアができなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。
歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。その人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。
これは文字通り陶器でできた人工歯であり、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が要求される作業です。
当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、それだけ、セラミックの歯というものはインプラントの治療費は高くなるのです。多くのメリットを知られるインプラント治療。
でも、当然ながらデメリットもあります。
まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。高額のケースでは、数十万円必要になることも珍しくありません。
また、治療の失敗内容によってはかなり深刻な問題が起こることもあるという重大な問題もあります。
障害を負うにとどまらず、死亡事故も実際に報告されています。インプラントならば、他の人工歯と比べても噛んだ感じが自分の歯に近く、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、ありがたみを実感する点です。両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。
インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい強度を備えています。もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。