歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプ

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も失敗のリスクをゼロにすることはできません。どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体に関わる問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど審美的な問題が起こることもあります。失敗の可能性を少しでも下げるためにデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。
歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとしてインプラントの埋入まで行けないこともあります。でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨の幅が足りない」ということならば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。
最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。
現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、十分調べてください。技術の進歩した今では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。
そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足に起因することが多いといえます。
インプラント手術の経験と実績のある歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、歯根部が残っているかどうかの違いです。
虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が健全であれば上からすっぽりとクラウンをかぶせる治療ができます。
抜歯した場合の選択は、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を検討することになります。インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れなしで長持ちするとは誰も言っていません。
義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。
インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。
インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。これは文字通り陶器でできた人工歯であり、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。
熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスを必要とする、高レベルな作業なのです。
これには大変な手間と時間がかかりますから、その分、インプラントの人工歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。