もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科の

もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させることを忘れないでください。さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも事故を引き起こす可能性が増します。
今は、このような病歴があるからといって治療不可と決めつけることはできないので歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。
インプラント治療はどのような流れかというと、大きな3つの関門があります。一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。
第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのがだいたいの流れです。
この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。
インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れを必要としないということにはなりません。
インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病を引き起こすこともあるのです。
自分の歯に対する手入れと同じで良いので必要なお手入れをきちんと指導してもらい、まずは口腔内をきれいに保ってください。異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。
「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。
なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。
さて、そこでインプラントですが、これは金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。
自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても利用できるのがインプラントの強みです。ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので費用を払いきれるかどうか心配になる方も決して少なくありません。クレジットカード利用ができる歯科医院や、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローン商品を使える歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。
全ての費用を現金一括払いできなくても、インプラント治療の開始はできるケースが増えました。
インプラント埋入は外科手術なので、術後は極力安静を保って過ごさなければなりません。
力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、身体に負荷をかけるくらいの運動は避けた方が良いです。
血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。
日頃から運動をしている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と確認しておきましょう。